■本気で生理痛を克服したいアナタへ!口コミ人気ランキング


生理痛にお困りの方は非常に多いです。ひどい方は生理が始まると日常生活に支障をきたす程の痛みを感じる方もいます。以下は本気で生理痛を克服したい方への治療方法人気ランキングです。もう生理痛に悩みたくないという方は是非各サイトをご覧ください。

1位 【人気NO.1!】たった3日で生理痛がスーっとなくなる方法!
・生理痛の痛みに16年間苦しんできて耐えるしかなかった女性が
 たった3日で生理痛を完全に克服した手法を全て公開!
・今だけ50名様限定で19,800円相当の4大特典プレゼント中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

2位 婦人科では教えてくれなかった生理痛克服法
・【婦人科では教えてくれなかった方法】10年間 苦しんできた
 生理痛なのにあっさり痛みがでなくなった方法を限定でご紹介!
・先着50名様に限りモニター価格16,800円でご提供中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

3位 薬を使わずに痛みが軽減できる【生理痛克服マニュアル】
・プロの心理カウンセラー式・薬を使わずに5分で痛みが軽減!
・生理痛を克服して幸せな女性になる方法を公開【返金保証付き】
・電話カウンセリングの権利やキャッシュバックなど豪華特典有!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆


16年間悩んだ生理痛がたった3日でスーっとなくなる方法!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

詳細はコチラ



■妊娠と生理


生理はなぜ来るのでしょうか。先ほどから学んでいますが、生理は妊娠のために準備していた女性器が使われない、ということになったために新しくしようとする動きです。子宮内膜を準備して、受精卵を受け止める準備をするのですが、排卵が起こっても受精が一定期間に認められなければ、また次の新しい内膜のために古い内膜を捨てるのです。これが剥がれ落ち、経血と一緒に流れ出るのが生理です。

では、妊娠と生理には大きな関係がありそうですね。妊娠をしやすい時期、したときの状況などはある程度自分で確認することができるのではないでしょうか。

妊娠をするためには、生理が起こっている、ということが大切です。これにより、子宮内膜は準備しており、排卵があっても妊娠がない、と体が判断しているということがわかります。ただし、生理があっても排卵がない、いわゆる無排卵性月経の場合もありますので、妊娠と生理の関係を知るためには、基礎体温をつけてみるといいですね。

排卵が起こるときには、基礎体温が低温期から高温期に移行するのですが、このあたり2・3日が最も妊娠しやすい時期だといわれています。排卵後24時間程度生き続ける卵子に、2・3日生きていられる精子が出会うことができれば妊娠する可能性があるのです。

妊娠が成立すると、排卵後2週間くらいたっても基礎体温が下がらず、生理が来ません。これが妊娠の典型的な兆候といえるでしょう。体調などによって多少の差がありますが、高温の状態が21日以上続いていて生理がなければ、まず妊娠だと考えることができるのではないでしょうか。ただし、排卵がない人は妊娠をしないわけで、排卵がない人は基礎体温にもこのような変化が現れない場合があります。それを判断するためにも、基礎体温を少なくとも半年以上はつけてみて、自分の体の傾向や状態を知るようにしたいですね。

■本サイト人気コンテンツ


★ 生理痛とはどんな症状?
人によっては、頭痛を感じる、という場合もあります。この痛みは市販の薬を飲んで我慢できる程度の場合と、薬も必要ないという程度の場合、そして処方されている鎮痛剤を・・・ 続きを読む

★ 生理不順について症状・原因など
通常の場合、生理のサイクルは28日といわれています。これより長くても短くても生理不順ということになります。ある程度周期が一定の間隔で来ているのはいいのですが、・・・・ 続きを読む

★ 生理が来ない時の対応
生理が来ないというのはまず妊娠が考えられます。その場合、排卵からの高温期がずっと続いており、数週間にわたって生理が来ないという症状が見られるはずです。朝だけ・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ おりものとの関係は?
★ 一般的な出血量
★ 予定日を予測する
★ 無月経とは?
★ 生理前の兆候を知る